Android合唱団

スマートフォン、タブレットはそれぞれが「ひとり」であり、音の鳴る「楽器」と捉えることができます。なら、数を集めて一緒に「歌え」ば、大合唱することもできるんですね。昔 iPad が世に出たときからすでに、複数台同期による音楽・アートパフォーマンス作品は作られていますが、この数まで出揃うのはやはりGoogleの力といいますか。

でも敢えて言わせてもらうと、欠点がひとつ。

これが「300人の大合唱」に聞こえるか?

 

Noという人は、ぜひその理由を考えてみてください。ここが演奏表情付け研究のキモのひとつです。