EC2015 にてTypeSingerの発表してきました

9月25〜27日に札幌で開催されたエンタテイメントコンピューティング(EC) 2015にて、
4回生・内田千尋さんによる歌詞タイピングゲーム TypeSinger のデモ発表・口頭発表をしてきました。

TypeSingerは、音楽とタイピングの両方のリズムを重視した歌詞タイピングゲームです。

通常のタイピングゲームでは、入力文字の正確さとそのスピードが問われます。ゲームの中には、音楽に合わせたタイピングを扱っているものもありますが、それでもタイピングゲームである以上、メロディの進行よりも速く正確な入力が競われています。

。。。それっておかしいでしょ!?

と主張するために、TypeSingerが生まれました。

早く正確に文字入力をするのはもちろん大事ですが、音楽が一緒に流れているからには
ちゃんと音楽のテンポやリズムにタイピングも合わせたいものです。

というわけで、メロディ譜を見ながら、音楽を聞きながら、まるで歌ったり弾いたりするかのようなカラオケ感覚のタイピングを
EC2015でのデモ発表にて参加者のみなさんに体験していただきました。

口頭発表(ショート10分)、デモ紹介のための30秒ティザーセッション、そして2時間におよぶデモ発表。
初発表にして大変ヘビーなメニューを、2ヶ月以上の準備を経て無事終了することができました。
口頭発表での質疑応答にも一人で立ち向かってもらい、いろんな方から「これは面白い」という評価、コメントを多数いただきました。

今後の活躍・発展に大いに期待です!

エンタテイメントコンピューティング2015
http://ec2015.entcomp.org/