Pop-E/jPop-E – 声部協調型音楽解釈モデル

「良い」「かっこいい」「情緒豊かな」演奏をするには,楽器を弾く技術だけではなく、音楽の構造(フレーズ)に合わせた音量・テンポの表現のコントロールが欠かせません。jPop-Eでは、それらの制御を、画面のスライダを動かすことで行います。ピアノ曲や合奏曲など複数の声部からなる楽曲に対し Read More …

演奏表現の比較

楽曲を「楽譜通り」、つまり、音符の長さや発音のタイミングを各音符のそれに厳密にそろえ、かつ発音時の強さ全て一定にして弾くと、いわゆる「機械的な」演奏になります。

Pop-E/jPop-E – 声部協調型音楽解釈モデル

「良い」「かっこいい」「情緒豊かな」演奏をするには,楽器を弾く技術だけではなく、音楽の構造(フレーズ)に合わせた音量・テンポの表現のコントロールが欠かせません。jPop-Eでは、それらの制御を、画面のスライダを動かすことで行います。ピアノ曲や合奏曲など複数の声部からなる楽曲に対し Read More …