Roaming Sheep for live electronics – from "Final Fantasy III"

先日の学会にてデモ演奏した、ライブエレクトロニクス(というには簡易すぎるけど)による「ひとりコーラス」演奏です。

3声による合唱となっていますが、本物の人間声(筆者)はひとり分だけ。残る2声は、Max6プログラミングによるピッチシフト(入力音声の高さを変えるデジタル信号処理技術)を通じて同時生成しています。後半の伴奏はFinaleによる打ち込み。これらを全部、Max上で一息にライブ演奏しており、この録音は全て含めて一発録りです。

なお、実際の演奏音はもう少しナマナマしいので、録音後に全体にリバーブをかけています(Adobe Audition CCを使用)。

https://soundcloud.com/mitsuyo-hashida/roaming-sheep-final-fantasy-iii-for-live-electronics