演奏表現の比較

楽曲を「楽譜通り」、つまり、音符の長さや発音のタイミングを各音符のそれに厳密にそろえ、かつ発音時の強さ全て一定にして弾くと、いわゆる「機械的な」演奏になります。

下記トラックでは、楽譜通りの演奏と、表情のついた演奏での聴こえの比較をしています。